がんばろう日本!東日本大震災からの復興応援サイト 本文へジャンプ
ホーム
光波動の祈り
被災者の受入れ
外出時の注意
災害時の備え
災害時連絡法
放射能汚染
未来予知災害予言
心のケア
簡単節電法
暑さ・寒さ対策
救急法
寄付:お金や物資
感動秘話 世界から
ボランティア活動
シェルターを買おう





ヒーリングスクール コスモブライト

スピリチュアルヒーリングスクール コスモブライト

コスモブライト直営ネットショップ
開運グッズ・パワーストーン

パワーストーンの開運癒しショップ コスモブライト

コスモブライトスピリチュアル情報
無料情報のスピリチュアルサイト 癒し・ヒーリングの園


コスモブライトのブログ
スピリチュアルヒーリング癒しの健康法のブログ
暑さ・寒さ対策 電気がなくてもダイジョウブ!

いろいろな節電方法を掲載します。

節電で「電気料金の節約」や「環境の保護」をして
地球に優しい生活をしましょう。

また、停電時も、暑さや寒さから身を守り
健康な体を維持する事はとても大切なことですので
覚えてご参考にされてください。


暑さ対策 夏を涼しく快適に過ごす方法

・日よけを外につける

カーテンやブラインドのように室内に日よけをつけても、日差しの熱を50%しかさえぎれません。
ですが、すだれ(簾)やオーニング(布庇)を外につけると、日差しの80〜90%もさえぎることができ、室内温度は5〜7℃違ってくるのです。


・カーテンで窓からの熱を防ぐ
 
 カーテンは厚手で、遮光性のものが良いでしょう。
 熱を防ぐためカーテンは長めが良いです。


・部屋の温度を下げる

夏、外出先から家に帰り、蒸し風呂のようになっているときに
すぐにエアコンを最低温度でつけると時間もかかり、電気の無駄遣いになります。

そこで、以下の方法をお試しください。

1、熱気を外に出し、外と同じくらいまで室温を下げる。

  ・2か所以上の窓を開ける。

  ・扇風機や換気扇をつけ、部屋の空気を出す。
    扇風機は天井や風の流れが滞る場所に向けて使う。

 ★充電式の扇風機が大人気→

  充電式の扇風機はコードが邪魔にならず持ち運びも楽で
  停電対策や節電対策(夜間の電気代の安い時間に充電)
  にも良いですね。
  LEDライトも搭載なので緊急時にも大活躍。

 ★ミスト扇風機で涼しい→
 
  ミスト(霧)を噴射することにより、水が蒸発する際の気化熱
  による冷却効果で体感温度を3〜5度下げます。
  部屋全体にムラのない加湿ができ、キャスター付きで移動も簡単。


2、帰宅後すぐ、ぬるめのお湯でシャワーを浴び、体温を下げる。

3、エアコンを28度の設定でつける。

  シャワーで体感温度も下がり、28度でも快適に感じるはずです。


■外出時に涼しく過ごす方法

・保冷剤

 「野外でスポーツ」をしたり、「キャンプ」や「ハイキング」や「犬の散歩」をしたり
 「出勤時」や「家の掃除」をしたりするときに、涼しくする方法をご紹介します。

 ケーキなどに入っている保冷剤をタオルやバンダナなどに包んで、首や頭に巻きます。

 でも、保冷剤は固くて体にフィットしなくて、いま一つと言う方に良いのがあります。

 ネッククーラー
  水に浸してポケットに入れるだけで、吸水ポリマーシートが気化熱で
  冷たさを持続するおシャレで涼しげなレースのスカーフです。

  こちらのはアメリカで開発された高性能タオルで、テレビで紹介され
  プロサッカーチームで採用が決定された熱中症対策グッズです。
  首や額に巻くと涼しくて快適に過ごせます。


・外で使える扇風機


■熱帯夜を快適に過ごす方法

1、風を流す:空気の流れを作る

・防犯面に気をつけて、2か所以上の窓を開ける。

・風がないときは扇風機を天井や風の流れが滞る場所に向けて使う。
 (体に直接当てると冷え過ぎて危険ですので、直接当てないよう気をつけてください。)


2、氷枕(アイスまくら)

 氷枕をタオルに巻き、枕の上に置いたり、布団の中に入れる。
 また、脇の下を冷やすと体の熱がすばやく下がります。

冷凍庫で冷やせば、暑い時だけでなく、発熱時のアイスマクラになり
 レンジで温めれば、ホット枕や湯たんぽにもなる万能ジェル枕です。
 温シップや冷シップとしてひじ・ひざ・腰痛・肩こりなどの緩和にも使えます。


3、涼しい就寝着

 麻や綿など通気性の良い素材の寝巻を着て寝る


4、涼しい寝具

 布団の上に敷くだけで汗や湿気を素早く発散してサラッと快適。
 ハイテク冷感素材の「クールプラス繊維」を使用していて
 体感温度がマイナス3度になるといいます。
 シーツ、タオルケット、枕カバーのセットもあります。


 夏涼しく、冬暖かく、毎日快眠できます。
 湿度を調節したり、消臭効果もある宮城県産の竹炭100%のマット
 敷布団やベッド、椅子やソファー等の上に敷き
 さらにその上にシーツやタオルケット等をかけて利用できます。


 竹製のシーツはひんやりして涼しいのでお勧めです。
 普通は竹の上にシーツを敷いて使うのですが
 1枚敷くと冷たさが弱いので、うちでは何も敷かずに寝ています。

寒さ対策 寒い冬を暖かく過ごす方法

・体が温まる食材を摂る

 以下の食材は、体を温めますので、寒い季節にはなるべく摂るようにしてください。
 天然の暖房をもつことになりますので、おススメです。

 ただし、「しょうが、にんにく、唐辛子」などの刺激物は
 胃腸が弱っているときに多量に摂ると
 下痢や便秘などの不調の原因になりますので
 体調を考え、量を加減しながら、摂取しましょう。

「香味野菜」しょうが、ニンニク、ニラ、玉ねぎ、長ネギ、シソの葉、パセリなど
「根菜類」大根、山芋、カブ、ゴボウ、サツマイモ、らっきょ、れんこん、ニンジンなど
「その他野菜」カボチャ、うど、グリーンアスパラガス、小松菜、菜の花、ピーマン、ふきなど
「香辛料」唐辛子、七味唐辛子、コショウ、わさびなど
「調味料」味噌、しょう油、天然塩、酢、山椒、クローブ、豆板醤、シナモン、八角など
「穀類」玄米、もち米、黒米など
「豆類」小豆、黒豆など
「魚介類」イワシ、エビ、あなご、いわし、えび、鰹、鮭、ちりめんじゃこ、なまこ、めんたいこなど
「肉類」牛肉、鶏肉、羊肉、鹿肉、鶏レバー、豚レバーなど
「木の実類」ごま、ぎんなん、栗、ナツメグ、クルミなど
「果物類」オレンジ、アンズ、さくらんぼ、ざくろ、桃、ココナツなど
「その他」卵、紅茶、酒、赤ワインなど

 ※だいたい、「色の濃いもの」「寒い所で採れるもの」「地下で採れるもの」は
  体を温める食材
だと覚えておけば良いでしょう。


・着る
  室内でも一枚多く着たり、ストールやひざ掛けを活用しよう



 NASA開発の電気を使わないエコなひざ掛け

 ひざ掛けとしても、毛布・ブランケット、ストールのような肩掛けとしても
 エプロンや腰かけとしても使えます。
 熱を逃がさないNASA開発の断熱材でエコグッズとしても注目!
 家でも、職場でも、冷房が利いてる夏のオフィスでも使えます。
 両面リバーシブルで2種類の色柄があります。


・湯たんぽを利用

  中のお湯は洗濯機や翌朝の洗面に使おう

 冷凍庫で冷やせば、暑い時だけでなく、発熱時のアイスマクラになり
 レンジで温めれば、ホット枕や湯たんぽにもなる万能ジェル枕です。
 温シップや冷シップとしてひじ・ひざ・腰痛・肩こりなどの緩和にも使えます。


・運動で血行を良くする



体は温まり、足が細くきれいに

 この「レッグスリマーマシン」は、体を動かすためのエクササイズとしても良いし
 足を細くしたい人や、下半身のダイエットにも最適です。


・部分暖房を活用
こたつや電気カーペットなどを活用して温まろう

 防水加工の年中使えるホットカーペット

 この「SANYO ホットカーペット」はうちの事務所でも使っていますが
  防水加工がしてあるので、冬だけでなく夏でもそのまま置いておけます。 
 汚れたら簡単に拭けるので、汚れ防止にも良いですね。
 フローリング調なので夏でも暑苦しくありません。


・カーテンで節電

 陽が当っている時はカーテンを開けて熱を取り込み、陽があたらなくなったら閉めて
 冷気の侵入を防ぐと節電になります。
 そのため、カーテンは厚手や長めが良いです。

 「遮光」「断熱」のカーテンを選ぶとよいでしょう。