がんばろう日本!東日本大震災からの復興応援 本文へジャンプ
ホーム
光波動の祈り
被災者の受入れ
外出時の注意
災害時の備え
災害時連絡法
放射能汚染
未来予知災害予言
心のケア
超簡単節電法
暑さ・寒さ対策
救急法
寄付:お金や物資
感動秘話 世界から
ボランティア活動





ヒーリングスクール コスモブライト

スピリチュアルヒーリングスクール コスモブライト

コスモブライト直営ネットショップ
開運グッズ・パワーストーン

パワーストーンの開運癒しショップ コスモブライト

コスモブライトスピリチュアル情報
無料情報のスピリチュアルサイト 癒し・ヒーリングの園


コスモブライトのブログ
スピリチュアルヒーリング癒しの健康法のブログ
超簡単節電法その1・その2

超簡単節電法その1 深夜料金の活用


基本的に電気は、溜めておくことができない性質がありますので
通常は使用量が少ない深夜から早朝にかけては
電気代が安くなることが多いのです。

ですので、その時間にタイマーで洗濯機を回したり
各種電気製品の充電をしておくと、電気代の節約にもなりますし
電気の有効利用にもなるのです。

各電力会社ともプランは「選択制」になっていますので
あなたのご契約内容をご確認ください。

環境にも優しく、お金の節約にもなります!



東京電力
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/menu/home/index-j.html

●おトクなナイト8・10:

 【夜間8時間型】「23時〜7時」の1kWh が9円17銭に!
 【夜間10時間型】「22時〜8時」1kWh が9円48銭に!

●深夜電力:電気温水器が「23時〜7時」や「1時〜6時」に安くなる!

●電化上手(季節別時間帯別電灯):
  エコキュートや電気温水器などの夜間蓄熱式機器等を使用の方


関西電力
http://www.kepco.co.jp/ryoukin/index.html

●従量電灯A:家庭などで最も広く契約されている。
 電灯または小型機器を使用し、最大需要容量が6kVA未満の場合に適用。

●従量電灯B
 商店、事務所、飲食店など電灯や小型機器を多く使用し、契約容量が6kVA以上で
 かつ50kVA未満の場合に適用。(使用量が多い家庭用も適用可)

●はぴeタイム
 朝夕、休日の時間帯が割安。夜間は、通常料金の約7割安に。
 オール電化で「はぴeプラン」に加入すると、さらに10%安くなる。

●時間帯別電灯
 電気使用量を昼間と夜間に分けて計量する。夜間は割安に、昼間は割高になる。

●深夜電力B(低圧)
 23時〜7時に電気温水器等を使用する方

●融雪用電力
 冬季の道路などの融雪や凍結防止のための電気が割安。

●低圧総合利用契約
 電気設備容量が大きく、営業時間の長い商店や飲食店など使用量が多い方に。

●低圧蓄熱調整契約
 割安な夜間電力で「氷」や「温水」を作り、昼間の冷暖房に使用。

●低圧季時別電力
 農産物の栽培のために、冷暖房負荷等の動力を使用する方に



その他の電力会社の料金

その他は、複雑多種で要約が難しいため、各サイトをご覧ください。

東北電力

http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/

北海道電力
http://www.hepco.co.jp/userate/price/price.html

北陸電力
http://www.rikuden.co.jp/ryokin/

中部電力
http://www.chuden.co.jp/ryokin/index.html?cid=t_nv

中国電力
http://www.energia.co.jp/online/hayami.html

四国電力
http://www.yonden.co.jp/ryoukin/calcul_pay/index.html

九州電力
http://www.kyuden.co.jp/rate_index.html

沖縄電力
http://www.okiden.co.jp/service/index.html


超簡単節電法その2


環境庁のサイト等より抜粋、編集してます。
http://www.challenge25.go.jp/setsuden/

●すべての電化製品共通項目

・必要な時だけ電化製品を使う

・こまめにスイッチを切る

・長時間使用しない場合はプラグからを抜く。

・主電源を切る(待機中にも電気が消費されてます)

・タイマーを上手に使う

・パソコンは電源オプションを「節約モード」や「省エネモード」などにする

●エアコン

・フィルターを2週間に一度掃除すると効率アップ

・室外機の回りに物を置かない(効果が下がる)

・外出する場合は直前でなく、早めにスイッチを切る

・風向きを上手に調節(扇風機を併用すれば、空気を循環させられ効率アップ)

・室内温度を適温(夏は28℃、冬は20℃を目安)にし、ドアやふすまを閉める

●冷蔵庫

・開いている時間を短く、余分な開閉はしない

・設定温度を冬は「弱」に設定。

・物を詰め込みすぎない(冷気の流れが悪くなり、均一に冷えない)

・熱いものは冷ましてから入れる(余分なエネルギーがかかる)

・周囲の壁から適切な間隔で設置(放熱のため)

・傷んだパッキングは取り替える(冷気が漏れて電気のムダ使い)

●照明

・照明の間引きや照度の調整を行う

・ランプや傘の掃除で明るさアップ

・点灯時間を短くしよう

・蛍光ランプの頻繁な点滅はランプの寿命が縮む

・リモコンでなく、壁スイッチの電源で「点灯・消光・調光」すると待機電力が減る

・省エネ型の照明器具に買換える
「インバーター式」が一番良いが、「電球型蛍光灯」や「LED電球」も消費電力が少ない

●テレビ

・見ないときはリモコン待ち状態でなく主電源をOFFに

・ゲームが終わったらテレビもOFF

・週に一度のテレビ画面の掃除で明るさアップ

・音量は不必要に大きくしない

・画面は明るすぎないよう画質を省エネモードに切り替えよう。

●調理器具

・炊飯器は保温よりレンジであたためよう。

・電気ポットの保温を控えよう。

・食器洗浄機は汚れを拭き取り節約モードで洗おう。乾燥機能は使わないで自然乾燥しよう。

●その他家電

・トイレの電気便座の温水洗浄便座の使用を控え、使用する場合は設定温度を低めに設定しよう。

・洗濯は、お風呂の残り湯を利用し、まとめ洗いで洗濯回数を減らそう。

・衣類乾燥機の使用をできるだけ控えよう。

・お風呂の自動保温をできるだけ止めよう。

・送水にも電気を使用するため、蛇口をこまめに閉め、シャワーの時間を短くしよう。

●エコ生活

・早寝早起き(消費電力を抑えることになり節電に)

・一家団らん(食事や団らんの時などは、みんなで一か所に集まり節電)

・エコクッキング(水滴を拭いてから火にかけよう)

・炎が鍋底からはみださない火加減で調理しよう

・鍋にふたをしよう(鍋に伝わる炎の熱を有効利用)

・下ごしらえの工夫(野菜の次に肉や魚を切ったり、少量の場合は、電子レンジ使用)